VRME利用規約

本規約は、VRMEが運営するAPPサービス「VRME」でデジタル化されだイメージ、ビデオなど(以下「コンテンツ」という。)が運営するウェブサイト「AVVR」でデジタル化された画像、ビデオなど(以下、「コンテンツ」といいます)を実行させ、提供するサービスの利用に関する条件についてサービスを利用するユーザー(以下「ユーザー」といいます)とVRMEの間で定めるものです。

第1条 規約への同意

(1) ユーザーが「VRME」の会員登録をした時点、またはサービスを利用した時点で、ユーザーは本規約等を承諾したものとみなされます。
(2) ユーザーは、本規約の定めに従って本サービスを利用しなければなりません 。 ユーザーは、本規約に有効かつ取消不能な同意をしないかぎり本サービスを利用できません。

第2条 規約の変更

(1) VRMEは、VRMEが必要と判断する場合、あらかじめユーザーに通知することなく、いつでも、本規約を変更できるものとします。
(2) 変更された規約は、本サービス上に掲示された時点からその効力を生じるものとし 、変更後の本サービスを利用した場合は、変更された規約に同意したものとみなされます。

第3条 アカウント

(1) ユーザーは、本サービスの利用に際してユーザーご自身に関する情報を登録する場合、真実、正確かつ完全な情報を提供しなければならず、常に最新の情報となるよう修正しなければなりません。
(2) ユーザーは、本サービスの利用に際してパスワードを登録する場合、これを不正に利用されないようご自身の責任で厳重に管理しなければなりません。VRMEは、登録されたパスワードを利用して行なわれた一切の行為を、ユーザーご本人の行為とみなすことができます。
(3) 本サービスに登録したユーザーは、いつでもアカウントを削除して退会することができます。
(4) VRMEは、ユーザーが本規約に違反しまたは違反するおそれがあると認めた場合、あらかじめユーザーに通知することなく、アカウントを停止または削除することができます。
(5) VRMEは、最終のアクセスから1年間以上経過しているアカウントを、あらかじめユーザーに通知することなく削除することができます。
(6) ユーザーの本サービスにおけるすべての利用権は、理由を問わず、アカウントが削除された時点で消滅します。ユーザーが誤ってアカウントを削除した場合であっても、アカウントの復旧はできませんのでご注意ください。
(7) 本サービスのアカウントは、ユーザーに一身専属的に帰属します。ユーザーの本サービスにおけるすべての利用権は、第三者に譲渡、貸与または相続させることはできません。

第4条 サービス提供

(1) 本サービスを利用する為に必要なコンピュータ、デバイス、通信機器、ソフトウェア、メディア、その他これらに付随して必要となる全ての機器を、自己の費用と責任において準備し、本サービスが利用可能な状態に置くものとします。
(2) ユーザーの 通信環境、回線状態、コンピュータ等の問題により、本サービスを利用できない状態が生じてもVRMEは一切の責任を負いません
(3) プロキシサーバー、VPNサーバーなどを通じて、本サービスを利用する場合、通常のサービスを利用できない場合があります。
(4) VRMEは、VRMEが必要と判断する場合、あらかじめユーザーに通知することなく、いつでも、本サービスの全部または一部の内容を変更し、また、その提供を中止することができるものとします。

第5条 禁止行為

1. ユーザーは、本サービスを利用するにあたり、次の各号に定める行為を禁止します。
(1) 法令、公序良俗または本規約等に違反する行為。
(2) 有害なコンピュータプログラムをVRMEのサーバに送信する行為、VRMEのサーバへの不正アクセス行為。
(3) 第三者になりすまして本サービスを利用する行為、その他虚偽の情報を入力する行為。
(4) 本サービスの外に接続するリンクを投稿する行為。
(5) 第3者の同意なしに個人情報を収集し、公開する行為
(6) 上記各項に加えて、本サービスの運営および利用を妨害する一切の行為やその他の不適当であるとVRMEが判断した行為
2. 前項の禁止行為に該当するか否かの判断は、VRMEの裁量により行うものとし、VRMEの判断について説明責任を負わないものとします。
3. VRMEは、ユーザーの行為が、第1項の禁止行為に該当すると判断した場合、事前に通知することなく、次の各号に定めるいずれか又は全ての措置を講じることができるものとします。
(1) 本サービスの利用制限
(2) 会員登録の解除による退会処分
(3) その他VRMEが必要と判断する行為
4. 前項の措置によりユーザーに生じた損害についてVRMEは一切の責任を負わないものとします。
5. VRMEは、ユーザーに対し、会員規約に違反する行為によりVRMEに生じた一切の損害、損失、費用(訴訟費用及び弁護士費用を含みます。)の賠償を協議の上、求めることができるものとします。

第6条 ユーザーの責任

(1) ユーザーは、ユーザーご自身の責任において本サービスを利用するものとし、本サービスにおいて行った一切の行為およびその結果について一切の責任を負うものとします。
(2) ユーザーは、本サービスの利用に関連して、第三者との間で紛争が生じた場合、ユーザーの責任と費用において、当該紛争を解決するものとします。
(3) ユーザーは、本サービスの利用に関連して、第三者に損害を与えた場合、ユーザーと協議の上、責任と費用において、当該損害を賠償するものとします。

第7条サービスの利用制限

1. VRMEは、次の各号に該当する場合、ユーザーによる本サービスの利用を制限することができるものとします。
(1) 会員のユーザーID及びパスワードが第三者に利用されている疑いがある場合
(2) その他VRMEが必要と判断した場合

第8条 サービス提供の一時停止

1. VRMEは、次の各号に該当する場合、本サービスの提供を中断することができるものとします。
(1)本サービスの保守・点検を行う場合
(2) 火災、停電等の事故が発生した場合
(3) 天変地異等の非常事態が発生した場合
(4) システム障害、ネットワーク障害が発生した場合
(5) VRMEの業務上やむを得ない事由が生じた場合
(6) その他VRMEが必要と判断した場合
2. 前項の措置によりユーザーが本サービスを利用できないことにより生じた損害等についてVRMEは責任を負わないものとします。

第9条 免責事項

(1) VRMEは、本サービスが、ユーザーの特定の目的に適合すること及びユーザーが期待する品質、価値を有することを何ら保証するものではありません。
(2) VRMEは、本サービスの完全性、正確性、確実性、信頼性、有用性等について何ら保証するものではありません。また、VRMEは、本サービスに事実上又は法律上の瑕疵がないことを保証するものではありません。
(3) VRMEは、ユーザーの本サービスの利用により生じた不利益、損害について、一切の責任を負わないものとします。
(4) VRMEは、ユーザーが本サービスを利用できないことにより生じた不利益、損害について、一切の責任を負わないものとします。
(5) VRMEは、ユーザーに事前に通知することなく、本サービスの全部もしくは一部の変更、追加、停止または終了すること、ならびにコンテンツを変更、削除することがあります。これによって、利用者に何らかの損害、不利益が生じてもVRMEは理由の如何を問わず一切責任を負いません。

第10条の連絡方法

(1) VRMEからユーザーに対する通知は、電子メール、ウェブサイトでの掲示その他VRMEが適当と判断する方法により行います。
(2) 通知が電子メールで行われる場合、VRMEがユーザー宛に電子メールを発信した時点で当該通知がユーザーに到達したものとみなします
(3) ユーザーからVRMEに対する連絡は、VRMEが指定する方法に従い、行うものとします。

第11条 個人情報の取り扱い

VRMEは、ユーザーの個人情報をVRMEが定める「個人情報保護方針」に従い取り扱います。

第12条 準拠法と裁判管轄

(1) 利用規約は、日本法に準拠して解釈されるものとします。
(2) 本サービス又は利用規約に関し、VRMEとの間で生じた紛争の解決については、 東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします